• 提携産地

    日本全国の窯元さん、作家さんと連携して、器を提供します。
    ※代表的な産地のみ掲載しています。

  • 有田焼

    佐賀県西部に位置する日本磁器発祥の地、有田。 17世紀初頭(江戸時代初頭)に李参平が有田・泉山で磁器の原料となる陶石を発見し、我が国最初の磁器を焼きました。 それ以降、多くの陶工たちが磁器の製作に取り組み、一大産地を形成していきました。 有田に開花した磁器は、400年の伝統と技法を守り、今日も素材や技法への強い探究心を持ち、見過ごしてしまうような「普通」の中にたくさんの職人のこだわりが込められている器を作り出しています。

    瀬戸焼

    瀬戸焼は日本六古窯のひとつとされており、1000年以上の歴史を誇る、日本人が長く愛用してきた焼き物のひとつです。 瀬戸市の北東部、三国山の山間にある、小さな瀬戸物の街“しなの”。 里山と田園に囲まれたアトリエから器は生まれます。 思わず手に取りたくなるような形や、美しい染付のパターンは日常の”心地良さ”を表現しています。 心がけているのはハンドメイドのぬくもりが伝わるものづくりです。

    京・清水焼

    清水焼は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指して、そう言っていたのが始まりです。京都では原料となる陶土を採ることがほとんどできないので、陶工は他の産地から土を取り寄せ、独自にブレンドし、個性あふれる作品を生み出しました。 茶人・将軍家・宮家などへの出入り・御用拝命という実績により箔を付けたことで、高級志向と装飾性の高さ、そして多様性は、京焼・清水焼の大きな特徴です。

×
fsdfsdf